幻魔ナイトブログ

主に絵、音楽、プログラミングなどについて書きます。

雨の日にも履けるスニーカー。レインシューズまとめ

f:id:MahiroN:20200603021143j:plain:w500
もうすぐ梅雨ですね。
ということで普段履き用のスニーカーとして使え、突然の雨にも対応できる「レインシューズ」を取り上げます。

雨の日の靴といえばHUNTERやDANNERですが、今回は普段履きできるスニーカーを対象としたいのでまたの機会にさせて戴きます。

どうやって水を防いでいるのか?

少しだけ技術の話に触れておきます。
一般的に濡れないようにするための加工技術として「防水加工」と「撥水加工」の2種類があります。

撥水加工は水を弾く技術で雨などがかかってもしみ込まず流れていきます。
安めの雨の日用のスニーカーなどによく使われていますが、使用期間と共に激しく劣化していき、最終的に水が染み込むようになります。

防水加工は水が「染み込みきる」のを防ぐ技術です。
レインシューズ使用のスニーカーで説明すると、外の皮と内側の皮の間に「メンブレン」の層を挟むことで中まで水が侵入してくることを防ぎます。

GORE-TEX_がメンブレンの素材としてとても有名です。
この素材の最大の特徴は高い防水性がありながら、透湿性も持っている__ことです。

透湿性とは蒸気を逃してくれる性能のことで、一般的なゴム長靴は長時間履いていると中が蒸れてきて不愉快ですが、GORE-TEXの場合はそれが起こりません。なので快適さが求められる防水仕様のウィンドブレイカーや靴でよく使われています。

レインシューズラインナップ

アシックス ペダラ

一つ目は我が国、日本発祥のasicsです。
元々はオニツカタイガーという名前でスニーカーを作っていたのが世界中でヒットし、asicsとなりました。
asicsはおしゃれなスニーカーだけでなく安全靴や運動靴など技術的な分野が強いイメージがあります。

そんなasicsのレインシューズの代表がペダラです。メンブレンとしてGORE-TEXを使用しておりとてもは着心地が良いです。 他にもFieldWalkerやRUNWALKなどの中にも防水仕様のものがあります。

HAWKINS

HAWKINSはABCMARTが独自に出しているブランドです。
個人的にはほどほどの値段で性能が良いので普段履きに適している気がします。
私も1つ持っていますが、思っていた以上に頑丈で気に入っています。

メンブレンGORE-TEXではなくWalterTechという別の技術を用いているようです。
また、ソールもIceTechという雪などでも滑りにくいものを採用しています。

NewBallance

ニィーバランスもGORE-TEX素材を使用したレインスーズを出しています。
普通のスニーカーと遜色ないですね。
お値段が996よりも高めなのがちょっときついですが。

Adidas

AdidasのTRREXシリーズ
名前からもわかるようにトレッキング用の靴です。
歩きやすさ、防水性、かっこよさを全て持った1品ですね。

また、人気のスタンスミスにもGORE-TEXとコラボしたものがあります。

ナイキ

かっこよさで定評のあるナイキにもちゃんとGORE-TEXを使用した防水モデルの靴があります。

その一つがAIR Force。
個人的には色の配色がとても好みです。
雨の日にお洒落して街に繰り出したい時なんておすすめですね。

もう一つがReactTypeです。
雨の日の運動用として使用するのも良いし、アクティブなコーディネートをしたい時にもおすすめです。

以上です。
これだけ知っておけばしばらく靴を買うのに迷わずに済みますね。

参考サイト

お問合わせはこちら